スキルや役割のマッチングが重要

自分が希望している会社に転職できる人もいれば、願いがかなわない人もいます。
その違いを考えた場合、二つの要因が絡んでいるかもしれません。
一つが、自分が持っているものと再就職先が望んでいるスキルにギャップがあること、もう一つが、自分が果たしていた役割ややりたい役割と再就職先が考えている役割に差があることです。

スキルについては、世の中で共通して認識されているレベルとして自分に高いスキルがあったとしても、再就職先で最も望んでいる部分が欠けている場合には、転職の願いはかなわない可能性が高いです。
新入社員として新卒を採用する場合はそういったことはほとんど関係ないでしょうが、転職においては即戦力が求められるケースが多いです。
どうしても最も必要な技術やノウハウを持っている人を採用するという結果を求めるため、そこにギャップがあると成功率が下がってしまうのです。

役割の差についても同様のことが言えるかもしれません。再就職先としては、このポジションの空きを埋めてくれる役割を果たしてくれる人、このプロジェクトのこの部分を担当する役割を担ってくれる人という形でピンポイントの役割にフォーカスして募集しているケースも多いです。
再就職を早めに決めたいのであれば、この会社は特定の技術やノウハウを求めている、別の会社はある役割を期待している、というようにその募集の特徴を見極めて応募をするという意識も必要かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です